Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Vufflen-le-Château’

15-06-20 - 11-13-37 - DSCF4006

クラフト市では、昨日書いたラクレットだけでなく、ほかにもレストランは出ているので、おなかがすいたらそこで食事するのもいいと思う。

メニューは(ラクレットのようにこういうイベント会場で一般的な)シンプルなものが多い。

15-06-20 - 12-38-19 - DSCF4056

ああ、また見えにくい。

左手の子供の後ろにみえるのが、骨付きハムのグリル。

あとは、フライドポテトやソーセージ、ステーキとかがあったと思う。(うちは食べないのであまりチェックしなかった)

 

チョコレートもあった。

15-06-20 - 12-40-39 - DSCF4057

これは”Tête de Moine”っていうチーズ…のチョコレート版のようなもの。

“Tête de Moine”っていうのはスイスのハードタイプのチーズで、このおじさんがやってるように、くるりと刃をまわして、薄く切ったものを食べる。

(スーパーではすでに薄く切られた状態のものが売られている。もちろん塊を買って自分でおじさんのようにスライスしてもいい)

それのチョコレート版を作ったらしい。

薄い薄いチョコなので、口溶けはいいと思うけど、チョコレート自体特別なものが使われているのかは不明。

おじさんは、この削ぎ切る機械と、チョコを売っていた。

 

 

干し肉を切っているおばちゃん(というか干し肉)が気になって仕方がない犬。

15-06-20 - 12-22-46 - DSCF4049

 

 

このお店で買い物した。

15-06-20 - 12-42-20 - DSCF4060

 

 

こっちは陶器でつくられた引き出しの取っ手やドアノブ。湯のみやお椀もモチーフがかわいい。

15-06-20 - 12-49-33 - DSCF4061

 

 

 

ヴュフラン城も個人宅で、一般公開はまったくやってません。

この市がたつときに、ちょっとぐらいやってるかなと思ったけど、やっぱりそれはなかった。プライベートエリアへの通路(扉)には、警備員らしき人が座っていて、(間違って)入ってしまったりすることがないようになってました。

15-06-20 - 12-07-28 - DSCF4033

 

ヴュフラン城は、中世のお城らしく、要塞っぽい。

このお城なんかをみると、やっぱり(要塞タイプではない)ヴュイロン城(あやめ園があるお城ね)は花嫁に喜ばれたことが理解できるようにも思う。

もちろんこのお城も素敵だけど。(つくりが重い)

 

左手の工事中になってるのはダンジョンがある塔。

そっちは中世からいままでずっと完成したことがなくて、住まいとして使われたこともないらしい。住まいに使われているのは、右手にみえる4つの塔がある部分。

15世紀半ばに完成してから、落城で焼き落とされたり、それからも何度か所有者を変えながら、19世紀以降はいまのファミリーのものになっているようです。

このお城も8ヘクタールのぶどう畑を持ってて、ワインを製造している。(AOC)

15-06-20 - 11-11-23 - DSCF4005

 

 

 

お城のすぐそばにあるCAVE。

ここは、うちの村(Echandens)にあるワイン生産ファミリーが管理してる。(というかこっちが代々引き継がれていた方で、うちの村の方が姉妹CAVEかもしれない)

うちの村のそこのワインはとても評判がいいので、いつでも手みやげに持って行けるようにあたしは時々箱買いして常備してる。(料理に使うだけでうちはワイン(アルコールすべて)飲まないけどね)

ずっと世襲でやってきたワイン生産者なんだけど、いまはあたしと同世代の姉妹二人が引き継いでがんばってます。

15-06-20 - 12-55-44 - DSCF4063

 

15-06-20 - 12-07-13 - DSCF4032

 

 

駐車場に下りる途中にあったリンゴの木。

リンゴや洋梨、あんず、さくらんぼなんかの果樹は、売り物にする農家の果樹園だけでなく、一般家庭の庭やこういった道のそばなど、そこここにある。

15-06-20 - 12-59-55 - DSCF4068

 

 

広告

Read Full Post »

15-06-20 - 11-11-23 - DSCF4005

6月20日は、Vufflens-le-Château。(うちから8キロくらい。まあ、すぐそこです)

お城は残念ながら、改築(いや修繕かな?)中。

 

 

この日はクラフトなどが並ぶ市。(Marché Artisanal)

クラフトというか、いろいろと手作りのものが並ぶんだけど、そこには工芸品だけでなく絵画もあれば陶芸、あとはソーセージや干し肉などの食べ物なども含まれる。

(ほぼなんでもありな感じ)

クラフト市は、お城の周りにぐるっとお店が出ています。

今年は80店が参加。

 

ワインやコーラなどの瓶を加工して作られたお皿。(ピスタチオがのせてあるように、おつまみとかにいいかもしれない)

15-06-20 - 12-16-19 - DSCF4038

 

 

こういうシャルキュトリーのお店は、毎週たつ普通の市にもいつも出ているので、あまり珍しさはないかも。

15-06-20 - 12-17-22 - DSCF4042

15-06-20 - 12-17-38 - DSCF4043

みんなあっちの方向を向いちゃってるのは、この向かいでサーカスクラブの子供たちがワザを披露していたからです。

15-06-20 - 12-17-14 - DSCF4041

 

 

ジャムやシロップ類を売ってるお店も多かった。

15-06-20 - 12-17-01 - DSCF4040

 

 

15-06-20 - 12-03-14 - DSCF4027

 

 

お城の周りをぐるっと歩くことになるんだけど、途中お店が途切れています。

15-06-20 - 12-41-23 - DSCF4059

 

15-06-20 - 11-56-17 - DSCF4018

 

そこに置かれてあったじゃがいも。

15-06-20 - 11-57-25 - DSCF4019なにかの虫除けか、まじないなのかと不思議がりながらそばを通る。

そうしたら、またあった。

15-06-20 - 12-00-25 - DSCF4022

ぽつり、ぽつりと塀の上に置かれている。

ゆでてあると思われるじゃがいも。

 

そうしているうちに、またお店が見えてきた。

15-06-20 - 12-01-33 - DSCF4026

そこでわかったんだけど、この写真では見づらい左手に、ラクレットのテントが出ている。

ラクレットはスイスのチーズ料理で、こういうゆでたじゃがいもと一緒にサーブされる。だからたぶん、このお店の人が、宣伝も兼ねて道しるべにぽつりぽつりと置いたのではないかと思う。

 

 

 

Read Full Post »