Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘St-Sulpice’

16-08-06-15-55-19-dscf2149

8月6日。

写真みながら、St-Prexか…と思ったら、違った。St-Sulpiceだった。

自転車写真みて思い出した。

この週末もまだBike4Car期間中、ちょうど真ん中。

Stromer ST2でモルジュに出かけたり、もちろん通勤も一週間無事に終了。

あと一週間あるところで、違う自転車も試してみようということになり、また自転車屋へ。

残り一週間のBike4Carに使う機種を交換してもらった。(無理を言ったにもかかわらず、快く対処してくれた自転車屋のひとたちに感謝)

残り一週間は同じStromerのひとつ下の機種、ST1。(正確にはSportタイプなので、ST1Sです)

今年のモデル。(ベースのST1は今年は新しいモデルが出てない。ST1で今年新しく出たのはこのみどりのST1Sと、茶色のST1T。)

これね。

16-08-06-16-08-21-dscf2155

これも時速45キロタイプなので、プレートとかヘルメットなどいります。

ヘルメットは45キロ云々なしにしても、こちらでは、普通に自転車に乗ってるひとなら、たいていかぶってるけどね。ママチャリでもかぶってる人多い。

 

自転車を交換してもらうときに、この週末さらに他のも試しつつ、二人で近場に出かけようと計画し、2台目の電動アシスト自転車も1日だけレンタル。

Boschのエンジンタイプのこれ。この日はジル君が主にこれに乗ってた。Stromer ST1はまだ一週間レンタル期間があってたくさん試せるから、今日しかないこれはジル君へ。

16-08-06-16-08-15-dscf2154

バッテリーが外に出てるタイプ。エンジンは真ん中。

結論は前の記事に書いた通り、(同じ45キロタイプでも)パワーが全然違う。(というか、エンジンがヘルプしてくれる仕組みからしてまったく違うので比べるのもどうかと思うレベル)

これでも、もちろん坂は普通の自転車よりずっと楽に上れます。

 

16-08-06-15-53-57-dscf2148

あたしは自転車をかりるのに電車でローザンヌのBike4Carやってる自転車屋さんに行って。

(あたしが電車でローザンヌに向かってる間、ジル君はローザンヌの駅まで自転車で先に来て、待っててくれたので、いっしょに自転車屋へ)

そのあと二人でそのまま図書館へ自転車で移動。本を返却して。

家に帰って、ごはん食べて、うろっとしてから、St-Sulpiceへ来た。(自転車は通勤目的なので、家と職場間の乗り心地をみたいため。図書館からの帰りも職場経由で)

16-08-06-16-00-09-dscf2152

やっぱりStromerだと余裕です。坂が(何度も言うけど)いっぱいあるので、それも激坂。

車で通るたびに、普通の自転車ではあたしには絶対無理だと思える坂。

それが余裕です。

ママチャリを押してのぼってる人もスイスイっと抜いてしまって、ちょっと申し訳なかったりして。

 

ローザンヌの道を自転車で走り抜けることに慣れてないあたしは、最初ちょっと怖かったけど、慣れました。日本では大きな通りで車に混じって車道(の真ん中など)走ることとかなかったから。こちらでは自転車は場合によっては車道をかなり堂々と走るので。自転車にフレンドリーな街を目指しているローザンヌとその近辺の街は、自転車レーンが大きくとられてるとこもあるんだけど、まだそうでもないところもある。バスレーンと共有してる部分も多いし、信号待ちでは確実に自動車の前からのスタートになっていい感じです。

16-08-06-16-08-04-dscf2153

Stromer気持ちよかった。

 

 

 

 

広告

Read Full Post »

St-Sulpiceのひかり

16-03-05 - 16-14-01 - DSCF8751

3月5日。(パン屑に集まっているカモメ)

St-Sulpice。(また近所)

雨の後でぬかるんでいたのにあんまり汚したくないブーツを履いていたので、あまりは動き回らず。

曇っていたけど、光が面白い日だった。

16-03-05 - 16-15-07 - DSCF8755

 

水辺に生えていたタンポポみたいな草。苔の仲間かもしれない。

16-03-05 - 16-20-36 - DSCF8766

 

曇りって書いたけど、青空だった模様。

16-03-05 - 16-25-23 - DSCF8773

 

16-03-05 - 16-29-37 - DSCF8775

ぬかるみが大丈夫な靴なら、もっと遠くまで散策していたと思う。

 

16-03-05 - 16-21-44 - DSCF8769

空中でキラキラしてるのは雨。そうだ雨が降ってきたのだった。

 

 

Read Full Post »

St-Sulpiceの湖畔

11月1日。

この日曜の午後はSt-Sulpiceへ。

St-Sulpiceは(いつも行ってる)Morgesよりもさらに近い、もうほんとのご近所。

ジル君のオフィスもすぐ近く。

15-11-01 - 15-48-54 - DSCF6676

 

St-Sulpiceは上の写真のように、(電力会社の箱が)いくつかデコされている。

じっと見てたら、フェンスの中で庭作業してたおばちゃんが「それ、うちの娘なのよ」って説明してくれた。

これを描くアーティストの人(たぶんSt-Sulpiceが雇ったと思われる)が、この箱のデコをするときに、ちょうど庭にいたおばちゃんの娘さんを見て、彼女をモデルに描いたらしい。

気ままに自由でいい。

1025っていうのはSt-Sulpiceの郵便番号です。(ちなみにうちは1026)

 

 

そのおばちゃんちの隣の家の菜園。

ひとんちの菜園であることには変わりない。

15-11-01 - 15-39-42 - DSCF6671

 

St-Sulpiceももちろんしっかり秋。

15-11-01 - 16-19-37 - DSCF6698

 

 

天気のいい日曜の午後なので、散歩してる人たちがたくさんいた。

15-11-01 - 16-14-39 - DSCF6694

 

湖畔ではパン争奪戦。

鳥たちの力関係がとてもよくわかる。

「白鳥>かもめ>かるがも」

15-11-01 - 15-58-02 - DSCF6684

白鳥の登場で、意気がっていたかもめが一斉に退きます。

でもかもめはいつまでも、かるがもに対して強気。

 

 

15-11-01 - 16-14-07 - DSCF6693

 

15-11-01 - 16-12-07 - DSCF6689

 

15-11-01 - 16-15-11 - DSCF6695

 

 

菜園のそばに咲いてたコスモス。

ジル君に何度も何度も「この花の名前なんだっけ?」って聞かれる。

いつ覚えるつもりなのだろう。

15-11-01 - 15-38-00 - DSCF6669

Read Full Post »