Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Grandes Médiévales d’Andilly’

15-05-24 - 17-17-43 - DSCF3520

会場には動物もたくさんいる。

この馬は、自らあたしの方に寄ってきて、ものすごく近くでじっとみつめてきた。

で、この写真を撮ったんだけど、写真を撮ったあと、大きな声でヒヒーンって耳元でなかれてびっくりした。

この馬、午後遅くにまた見かけたんだけど、そのときは小さな山羊グループを追いかけ回していて、おじさんに怒られていた。相棒馬が来てからは、またお利口にしてました。でも元々いたずらっ子なんだと思う。

 

ほかの動物たち。

15-05-24 - 17-14-39 - DSCF7645

15-05-24 - 17-15-00 - DSCF3516

15-05-24 - 17-14-00 - DSCF7643

 

あと、人懐っこいラマや、うさぎ、鶏、クジャク、羊、山羊なんかもいた。

ふれ合い動物園みたいな感じのゾーンだった。

 

 

森の中なので、たしかに足場はあまりよくはないけれど、普通に歩けます。

15-05-24 - 19-32-43 - DSCF3548

15-05-24 - 19-33-42 - DSCF7740

 

それより、途中で気づいたのは、靴についた砂埃がすごかったこと。

15-05-24 - 19-14-55 - DSCF3542

 

15-05-24 - 17-06-56 - DSCF3512

 

食べるものは持ってきてももちろんいいけど、お店がほんとにたくさん出てるのでいろいろ見て回って食べるのがたのしいと思う。

15-05-24 - 19-06-32 - DSCF3540

 

15-05-24 - 17-11-25 - DSCF3515

イベントには子供向けのものもたくさんあって、これは剣指導みたいなもの。

15-05-24 - 16-53-23 - DSCF3507

ギロチン体験もできます。

15-05-24 - 19-27-18 - DSCF7733

 

 

この中世フェスティバルは毎年開催。

今年は5月23-24-25日と30-31日の週末でした。(25日は祝日)

入場料は大人なら22ユーロー。(前売り券ならもう少し安い。通しの券もあるし、夜だけの券はもっと安い)

はじめの3日間は朝は9時頃から、夜23時30まで。

後半の2日間は19時まで。

内容を考えると、入場料は安いと思う。

15-05-24 - 19-40-44 - DSCF3555

中世フェスティバルってはじめてだったけど、なかなかおもしろかった。

コスプレとかして参加する人の気持ちも少しわかる気がする。

そしてどうせなら、思いっきり凝ったものにするのがいいと思う。

 

※この記事ではジル君が撮った写真もたくさん使ってます。写真右下の名前G.ってなってるのがジル君撮影分。(X-T1+16mmか35mm)

あたしが撮ってるのは相変わらずすべてX100Tです。

 

 

 

 

Read Full Post »

15-05-24 - 17-02-43 - DSCF3510

5月24日。

プランジャン城と湖畔をうろついたあと、お昼に帰ってきてごはんを食べたら、お友達から中世フェスティバルに行くんだけど一緒に来る?って聞かれたので、行ってきました。

午後3時すぎにうちに迎えにきてもらって、会場のあるフランスへ。

フランスっていっても、ジュネーブのちょっと先なので、うちからだと1時間ほどで着きます。

 

中世フェスティバルはあちこちで開催されますが、この辺ではかなり大きな規模の中世フェスティバルです。(と、あとで知った)

(ジル君もあたしもこういうのにあまり興味がないので、まったく知識がない。でも周りにはこういうの大好きなお友達がたくさんいる)

15-05-24 - 20-48-04 - DSCF7754

足場が悪いっていうことだけは聞いてたけど、会場は森の中でした。

雨じゃなくてほんとよかった。(でないとぬかるみとか大変)

15-05-24 - 19-14-21 - DSCF7720

 

15-05-24 - 17-24-04 - DSCF7661

 

そうでもなさそうに見えるけど、すごい人でした。

有名ならしい。

小さいものも入れると15カ所くらいで、イベント(やショー)が開催され、それ以外でも7カ所のキャンプ場でアトラクションを催しているらしい。

これも一応イベントのひとつ。

馬車の荷台で洗われる人。(馬車はしばらくすると移動します)

15-05-24 - 17-29-47 - DSCF7675

 

はっきりって、会場はかなり広い。

入り口から入って、ぐるっと見て回るだけでも3時間くらいかかったと思う。

あたしたちがみたイベントのひとつ、マジックショー。

15-05-24 - 18-42-53 - DSCF3532

もちろん中世風。

あと、中世音楽のコンサート。

15-05-24 - 19-14-00 - DSCF7717

いつもどこかしらでなにかやってるので、なにもやることがなくてヒマになるということはないです。

興味がある人にはたまらない、RPGみたいな会場もあり。

15-05-24 - 19-25-01 - DSCF7729ここではかなり大規模な戦闘になるので、会場もものすごく広い。(丘の向こう側もずっと会場が続く)

写真はちょうど終わって人がひけた後なので、閑散としてる。(すごい人で埋まっていた)

 

このフェスティバルに来るひとの半数くらいはコスプレしてます。

この人たちはみんな、普通の人。

15-05-24 - 19-12-18 - DSCF7715もちろん、会場のスタッフは(ボランティアの人も含め)もれなく中世の格好をしてるので、かなり中世気分を味わえる。

15-05-24 - 17-12-00 - DSCF7636

いろんな格好した人がいて、騎士とか町人なんかは普通だけど、昔のホームレスの人とかもいる。

ホームレスの人はメークとかもすごくて、目の前に迫ってこられるとびっくりの形相なんだけど、あたしはその人に追いかけられ(つきまとわれ)、あたふたする。(あたふたしていたので、残念ながら写真がない)

 

いっしょに行った友達の知り合いの二人。ボランティアで参加しているらしい。(お店の売り子…かなにかだったと思う)

15-05-24 - 18-14-41 - DSCF7709

 

お友達は前日にも一人で来ていて、この日はあたしたちと彼女とともに4人で。でも翌日も彼女とまた(次は二人でコスプレして)行くというようなことを言ってました。好きなんですね。

 

コスプレはかなり本格的な人もたくさんいます。

15-05-24 - 19-27-07 - DSCF7732

15-05-24 - 19-00-37 - DSCF7713

 

そして、お店もすべて中世のものなので、コスプレに使えそうなものがたくさん売られている。

15-05-24 - 19-30-16 - DSCF7736

 

 

よく肩にかけている毛皮とかのお店もたくさんあった。

15-05-24 - 20-46-05 - DSCF7750

お店は本物を扱っているところが多くて、それっぽくプラスティックで作られたものとかいうのはなかったように思います。

出店しているのも、いまでは珍しい職種になるほんものの職人さんたちのお店、「鍛冶屋」さんとかが出店している。

たとえば、このカエルが置いてあるのは鍛冶屋さん。

15-05-24 - 17-48-47 - DSCF7695

15-05-24 - 17-47-37 - DSCF7694

オーダーメイドで(甲冑などの防具や武器などを含め)いろんなものをおじさんが作っている。(ほんとにオーダーメイドする場合は日数がかかるのでここではすぐには無理だと思うけど)

あとは、食べ物も中世風なので、スパイスや調理法もシンプルなものがほとんど。

あたしたちでも食べられるものがほとんどでした。

夜は骨付きハムの丸焼き(スライス)とレンズ豆の煮込み(入ってるのはオニオンと塩のみ)を食べた。

あと、ローストチキンとか、とにかくシンプルな料理法のものが多かった。(乳製品が使われているものはなかったように思う)

(デザートには使われていたかもしれないけど)

ごはんの写真は撮り忘れてて、一枚だけ撮った食べ物の写真はこれ。

お友達が食べてた食後のパン。

15-05-24 - 20-40-29 - DSCF3557

ブリオッシュ生地に、プラリネと砂糖をのっけて焼いたもの。

パンを焼く窯も昔風の薪をくべるかまどみたいなものだった。

もう、どこまでも中世にこだわっている。

 

中世フェスティバル写真、もう一回続きます。

 

 

※この記事ではジル君が撮った写真もたくさん使ってます。写真右下の名前G.ってなってるのがジル君撮影分。(X-T1+16mmか35mm)

あたしが撮ってるのは相変わらずすべてX100Tです。

Read Full Post »