Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘NIFFF’

16-07-08 - 22-39-35 - IMG_4158

7月8日。

2度目のNIFFFは一週間後の金曜日。

この日の映画は早いので、ジル君も早め(16時)に帰ってきて、そのままヌシャテルへ。

映画が始まるのは18時でごはんを食べるタイミングがむずかしいので、サンドイッチを作って持っていた。

16-07-08 - 17-10-19 - IMG_4155

写真を撮り忘れてるけど、NIFFFにはもちろんごはんを食べられる場所があって、屋台がたくさん出てました。

うち(ジル君)が食べられるものはほぼないので、最初から期待せず作って持って行ったけど、最近はグルテンフリーが流行ってる(もちろんほんとに不耐性の人やセリアックの人もいるんだけど)ので、クレープ屋さんでもそば粉100%クレープのチョイスもあった。(うちは残念ながら具ですべてアウトなんだけどね)

 

18時からの映画はStephen Chow監督の”The Mermaid”。

Stephen Chow作品はかなり昔のもたくさんみてる。コメディ要素が強いといいなと期待してた。

コメディがたっぷり入ってたけど、環境問題への直球勝負でした。

mermaid

続いて20時からポーランドの映画”The Lure”。これも人魚。(この日は人魚映画2本だった)

こっちはもう少しホラー要素が強い。アンデルセンの人魚姫のグロい現代版…だと気付いたのはだいぶ後でした。映画の序盤はまったくそんな気配を感じられなかった。

lure

1本目のあと、すぐに会場を移動して2本目の映画だったので、残りのサンドイッチは2本目の映画館に移動してから席で食べた。

2本目の映画から、お友達のだんなさんも合流して、映画のあと、屋台のある場所へ移動しました。

この日は前の週に比べてさらにすごい人だった。

 

18時開演だったので30分前に劇場前に行ったら、すでに長蛇の列。

Stephen Chow人気のせいか。

16-07-08 - 17-36-46 - IMG_4156

ヌシャテルの街は馴染みがなかったんだけど、ヌシャテル出身のお友達は何人かいる。

今回はNIFFFファン(もちろんヌシャテル出身)の彼女に街を案内してもらいながら移動して、ちょっと親近感もわいてきた。

また週末とかに来てみてもいいかもしれないと思った。

16-07-08 - 20-46-00 - DSCF9706

 

もうじきスイスのイタリア語圏ティチーノ州で開催される(わりと有名な)ロカルノ国際映画祭っていうのがあるんだけど。

そのチケットが大学(職場)の抽選で当たったジル君。

大学では頻繁にコンサートやイベントのチケットに応募できるので、手当たり次第に申し込んでいたらしい。

でもよりによって当たったのがロカルノ映画祭で、NIFFFとは違ってまったく興味がないジャンルの映画ばかりが並んでいることに(当たってから)気づいたので、結局そういうのが好きな同僚にチケットは譲りました。これ以降、応募するときは、当たっても困らないものに限るようにしてる。(そうしてほしいとあたしからお願いした)

 

 

広告

Read Full Post »

16-07-01 - 19-16-08 - IMG_4120

7月1日。

金曜日。

NIFFF(ヌシャテル国際ファンタスティック映画祭)に行く。

この映画祭はずっと知ってたけど、いままで来たことはなかった。

開催地のヌシャテルはうちから70キロくらいで、50分くらいかかる。それはいいとしてもヌシャテル方向へ車を走らせることにほとんど馴染みがないためなのも大きい。

今年は、この映画祭の大ファンなジル君の同僚からの誘いを2ヶ月ほど前から受けていて、彼女から事前にパンフももらい、譲渡可能な回数券のがお得だというので、それも購入し、スケジュールと映画内容みながらネットで事前にチケットも購入して挑みました。(すべて彼女のおかげだといっていい)

複数人で使用可能な回数券のあまった分も彼女が買い取ってくれた。

映画ももちろんすべて彼女同伴でみました。

 

映画祭は7月1〜9日まで。

あたしたちはジル君が仕事の平日は(できないことはないけど)つらいので金曜、土曜、日曜のどれか。パンフからすごく見たい映画をまず選んで、週末に放映されているか確認しながら計画を立てた。

結局この初日の金曜日と、その翌週の金曜日の二日間、映画はそれぞれ2本ずつみました。

1本目はトルコのアニメ映画、”Bad Cat”。

cat

2本目はスイスとオーストリアの合作、”Der Vampir Auf Der Couch”。(俳優はほぼすべてドイツ人だけど監督はスイス人)

vampire

 

猫アニメは、BDオリジナル。どうしてアニメなのに年齢制限が14歳以上なのか不思議だったけど、映画をみたら序盤ですぐに理解できた。

キャラが容赦なく死にます。(悪態をつく猫くらいのイメージでみてたのでびっくりした)

トルコのこの猫アニメ、舞台はイスタンブールなんだけど、人だけでなく、(みてのとおり)猫もトルコ人顔。

観客にも(あたしの周りには)トルコ人と思われるひとたちがたくさんいた。

でもなによりよかったのは、2本目のヴァンパイアのホラーコメディ映画。

演技もテンポも構成も雰囲気もストーリーも申し分なかった。

時代や雰囲気がちょっとLe Bal des Vampiresっぽくて、なんていうか、キュートな作品でした。

とても気に入った。

 

NIFFFはオープンエアもひとつ含めると6会場で映画が上映されてる。

毎日13〜20の映画が上映されます。

映画によっては一度きりの上映のもあるけど、他は映画祭中2度上映されるので、2度上映されるうちのどちらかに行ければいい。

16-07-01 - 21-34-09 - IMG_4124

 

この日は猫映画が20時開演だったので、ジル君の仕事を普通に終えて、ごはん食べてから19時頃にヌシャテルに到着。

ヌシャテルもまた湖畔の街。

ヌシャテル湖はレマン湖より小さいし、いつも見える高い山(フレンチアルプス)がない。

それでも湖畔はとても気持ちいい。

16-07-01 - 19-09-06 - IMG_4113

ナショナルという名前がついているにもかかわらず国からの援助は一切受けていない、スイスで一番大きなサーカス、KNIEもいた。あたしたちが帰る頃にテントを片付けてました。

16-07-01 - 19-12-34 - IMG_4116

2本目の映画が始まるのが遅め(22時30分)で、終わったのも0時30分頃だったので、この日は家に帰ってきて寝たのは2時を過ぎていた。

おかげで週末は二人ともだらだらでした。

16-07-01 - 19-09-25 - IMG_4115

 

 

Read Full Post »