Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘小次郎’

2013 06 08 à 07 04 37

E3も無事終りました。

ゆるくしか追ってませんが、マイクロソフトの仕打ちにすっかりXbox Oneへの興味がなくなってしまっているあたしたち。

噂通りといえはそうでしたが、しかたないですね。

 

ゲームから近頃遠ざかっています。

ジル君が”Bioshock infinite”をクリアしてからは、ほとんどやってない。

気まぐれにダンスセントラル3をやる程度。

 

こないだ久しぶりにダンスセントラル3をやろうと電源を入れたら、ちょうど甥っ子もオンラインにいて、すぐにメッセージが届いた。

「スカイリム終わった?」

…。

だれにきいているのだ、もちろん終わってないよ。

「終わってないけど、やりたいならかしてあげるよ」

ってインターネット経由で返信しようと、Liveのサイトを立ち上げてメッセージ送ろうとしたら、そうだ、もう送れないのだった!

4月半ばでゴールドが切れていて、サイトからは送れないのでした。

なので、しかたなくまたコントローラーを手に取って、メッセージ打ちました。(とても面倒くさい)

 

 

4月半ばでゴールドが切れるので、それまでにまたコールオブのMW3のマルチをやろうと思っていたのだけれど、それもできず。

ジル君も同じ頃にゴールドが切れてしまい、ひっそりとゲームから遠ざかって、4月5月は二人してマンガをいっぱい読みました。

これについてはまた書きたいと思う。

 

 

次世代のゲーム機については、PS4かな、と思ってます。

その前に、”Last of us”の評価がとても高かったので、PS3が投げ売られていたら本体ともども買いたい気持ちがあたしにはあるんだけど、ジル君はきれいにハックしにくいし、PS4買えばいいよとのんびりかまえているので、買えないかもしれない。

あたしとしては、”Last of us”買って、あと同じNaughty Dogの目にワセリンゲーム”Uncharted”とかも買って、って思ったりしてるんだけど。

PS3はたぶんダメかもしれない。

それより、Xbox360のやるゲームがまだまだあるので、それだけであと3年くらい大丈夫な気すらする。

ゲームから遠ざかっているくせに、こないだ量販店のレジ横のカゴに入っていた”Fallout 3″のG.O.T.Y版(すべてのDLCついてるやつ)を買った。(900円くらいだったから)

Fallout 3はクリアしてるんだけど、まだやってないミッションや解除してない実積たくさんあるし、アジア版のは日本の本体を持ってるお友達にあげてしまったので、うちにはもうないから。(Fallout 3のアジア版はPAL機ではかからないし、そのために日本の本体を出すのは面倒だからあげてしまった。同じ理由でDead Spaceも(売って)あげた)

買ってもやるのかどうかあれだけど、あの頃から比べると、コントローラーの使い方も上手になってるし、もしかしたらさくさくと進められるかもしれないと思って、いつか。

 

 

 

Read Full Post »

2013 03 16 à 08 27 57

はっと気づくと、5月も10日。

ちょっと近況でも書こうかと思います。

 

勤めていた会社の買収によるリストラで2月から失業中だったジル君。

1年ちょっとは失業保険がもらえるし、どうせすぐに次は見つからないだろうと先1年は失業保険もらう気満々だったわけですが、5月から新しい職場にお勤めしています。

3ヶ月の失業生活でした。

採用したいです!というお返事をもらったのは3月半ばで、ほんとは4月からでもよかったんだけど、4月は副業ですでに予定を入れてしまっていたため、お願いして5月からにしてもらった。(でないといきなり1週間お休みとかもらわないといけなかったし、その方がしばらくゆっくりできるから)

 

いままでの職場はうちから2キロの近場でした。(丘の上にあるうちのアパートから、坂を下ると着く)

次はジュネーブとかになるかもしれないと、そこですでに疲れていたジル君ですが、次の職場はうちから5キロ。

車で10分です。(すぐそこのバス停から直通のバスもある。バスだと9分だった(時刻表をみた))

自転車でも行ける距離ですね。

 

こうかくとすんなり決まったかのようですが、履歴書なんかはすごい数送りました。

失業保険を手にするためには、ノルマがあって、最低でも毎月8つの会社に応募しなきゃならないので、たいして興味がないとこでも、とりあえず数合わせに送らないといけなかったりするわけです。(でないと失業保険がもらえない)

そしてそれはリストラされることが決まった、昨年末から開始していた。

 

失業センターのチェックが入るので、どうみても自分のいままでの経歴などからかけ離れたようなところに送ることもできない。

なので、履歴書はもちろん応募によって手を加えるけど、大きく2つ作ってて、たいして興味ないとこには、「採ってくれるな」という願いを込めて分厚くて読みたくなくなるような履歴書を送りつけたりしていました。

もうやりたくないことを仕事にしたくないという気持ちが大きいので、失業保険が切れたら副業でおともだちと起業しようかと考えたりしていたわけですね。

 

失業中は、というか、リストラされることが決まった昨年末からは、毎日ありえないくらいの充実ぶりで、TVドラマや映画みたりする間もほぼないくらいの忙しさで、スケジュールがみっちり詰まっていた。

毎日予定が入りまくっていて、とにかく忙しかったです。(人と会う予定がとくに多かった)

副業の外出やお友達との打ち合わせとそれに伴うメンテで、フリーな時間がほとんどなかった。

それでも空いてるときは黙々と絵を描いたり、週末と夜はところどころゲームもしてたけど。

なんか怒濤の日々でした。

 

 

でもそんな選り好みわがままジル君にも、手を差し伸べてくれるひとがいて、無事にお仕事開始です。

書類が通って面接までいければ、ジル君のチャームできっと大丈夫だろうと話していた通り、ひとつめに面接もらったお仕事できまりました。(このお仕事の面接は2回あった)

このお仕事で採用が決まってから、なぜかバタバタと他のところからも面接のお知らせが届いた。

ひとつはなんとか行ったけど、それ以降はお断りしてた。

失業センターの担当者は、採用が決まっても、もっといい条件のとこがある場合もあるから、ぎりぎりまで就活してね、って言ってたけど、ジル君にその気はなかった。

 

ジル君の失業保険期間はあたしも一応お仕事を探してました。

ランチプレート(お弁当ね)の販売でもお金は稼げるんだけど、どう計算し直しても、家で作るこのスタイルでは、とても二人の生活費すべてを賄うことはできないし、外で働いた方がかんたんにお金になるから。

面接も2つ行った。

でも結局決まらなくて、まだ就活しなきゃいけないなと考えてるときにジル君のお仕事が決まったので、即効で中断。

ジル君がフルで働くならあたしは働く必要がないし、どっちかが外でフルで働くときは、もう一人は家のことをするというふうにずっとうちはしてるので、また外で働かなくてすむことになった。(ほっ)

前に応募したとこから、こないだ、ぽつりと面接のお知らせがきたけど、お断りしました。

あたしはまた、お昼のランチプレート作りでも再開しようと思ってます。

やっぱりいまのところ、これが一番たのしい。

 

ランチプレート作りについても、ちょっと進展があるんだけど、それはまた機会があったら書きます。

 

あと、失業保険について書いておきますか。

失業保険の支給額は、子供がいるかどうかなどによって異なってきます。

うちは70%でした。(子供がいれば80%)(保険をかけてる期間など、細かいこともあるのでそこはサイトを見にいってください。でもこれ以上もらえることはないです)

 

過去1年間の収入が基準になるんだけど、うちは80%にセーブしてたから、80%の70%…ってわけで、56%ですね。

あたしの計算では生活はなんとかできるから平気平気ってジル君には言ってたけど、正直ここまでくると、所得税は笑えるほど低いとはいえ、実際かなりきつい額です。

フルのお給料の56%ですからね、失業保険支給額。

しかも、もらってたお給料によってハンデみたいなのがあって、最初の月はフルで支給してくれないんですよ。

2週間の遅れとか、3週間の遅れとか。

遅れっていっても、その分翌月にもらえるわけじゃないので、最初の月はなんとかするしかないわけなんだけど。

 

あと副業や短期のお仕事など、収入があった場合は申告します。

それは失業保険から差し引かれますが、差し引かれたそのままの額ではなく、それより少し多くもらえます。

副業分と、引かれた失業保険を足したら、フルの失業保険支給額よりも多くなる。

でないと、だれも短期にせよ働こうなんて気が起こらないから当然っていえば当然なんだけど。

 

 

ジル君は新しい職場で働き始めたばかりですが、予算にゆとりのある実験的な職場なこともあって、それは毎日たのしそうなので、あたしもうれしい。

肩書きがエンジニアからサイエンティストになりました。(とくにパワーアップしたわけではない)

分野が多岐に渡りすぎているため、すべてを生かすことがとても困難なジル君に、いままでのキャリアと能力、ほぼすべてを使う場を与えてくれた貴重な職場です。

Read Full Post »

2012 04 30 à 10 57 44

適当な写真がないので、また小次郎です。

 

オリンピックをまったく意識していなかったにもかかわらず、オリンピックとともに始まったジル君のお休みも、オリンピックとともに終わり、今日から普通の日。

 

ジル君が家にいるときしかゲームをしないというルールにしているので、ここぞとばかりにちょこちょこと空いている昼の時間をマスエフェクトにあてました。

おかげで日曜日(昨日)、ゲームクリアできた。

Urdnot wrex

そうだそうだ、ゲームのことを書くっていうことで画像を入れればよかった。

ざっくり進めるとか言っていたくせに、結局はほぼすべてのサブミッションをクリアし、すべての惑星に足をのばした。

おかげでお金も経験値も途中で最大限に達してしまい、ちょっとそこはさみしかった。

あと、いつもWrexとTaliを連れていたのに、Taliの実績しか解除できなかったこともちょっとさみしい。

たぶんGarrusのサブミッションにWrexのかわりにGarrusを連れて行ったのが原因だと思う。

そんなことなら、心情は無視していつも通りWrexを連れて行くのだった。

お気に入りキャラはもちろんWrex。

目と口がかわいいし、なにより、会話に割り込んでくる台詞にいつも笑ってしまう、お茶目なKrogan。

あたしはRenegadeポイントをゲットするため冷徹な軍人を突き進んだのだけれど、ときどき自分でも自分に突っ込みたくなる展開があった。

ぷるっ。

昨日は朝にゲームクリアして、とりあえずお昼前に続編のマスエフェクト2を本体にインストールだけしておいた。(それで満足していたあたし)

 

週末はMW3が経験値2倍キャンペーンだったこともあって、いつもより少し長くプレイ。

いつも同じようなPerkでもな…と思い、このプレステージではまったく別のものを使っているんだけど、ちょっと苦戦していたりする。

そしてここ最近はキルストリークもサポートではなくアサルトにしてる。

プレステージは5になってます…レベル43。

相変わらず毎晩MW3のために時間を作っている。

 

 

 

Read Full Post »

2012 04 30 à 10 57 27

久しぶりに小次郎のことでも。

小次郎は獣医さんに「やや肥満」と判断され、以降特別カリカリ食でがんばっていました。

以前も書いたとおり、それまでも体重増加対策のカロリー低めのカリカリでした。(うちが使っていたのはHillsのもの)

でもそれでは体重維持はできても、減らせられないのです。(と獣医さんにも言われた。そしてたしかに減りはしなかった)

というわけで、ペットショップなどでは市販されていないカリカリを食べています。(獣医さんから買っている)

銘柄は同じHills。(ロイヤルカナンもあるんだけど、個人的にHillsのが好きだからそっちにした)

ごはんの量はそれまでと同じ60グラム。

 

2012 05 24 à 20 57 32

 

と、こういう感じで、2010年の冬からがんばっていたわけですが、目標体重(6キロを切ること)にはとっくに到達していて、いまはそれを維持している。

体重に関しては、体長などのからだの大きさによるので、大きな雄猫ならこのくらいだけど、小さいからだの猫なら3キロとかもありだと思う、たぶん。

目標体重はうちの獣医さんがきめてくれた。

 

猫のダイエットというのは、かなりむずかしい…と獣医さんも言っていたとおり。

地道にがんばるしかないです。

一時期は7キロ近くあった小次郎もいまは6キロ弱。

特別カリカリのおかげでものすごくゆっくりだけどちゃんと体重も減りました。

そしてもちろんいまもピポリーノを愛用している

 

 

近頃ピポリーノがキッチンエリアを出て、リビングにまで進出していることがよくある。

キッチンの一番奥がスタート地点なのに、うまく方向を変えたりしながら、へんな場所まできている。

キッチンに転がっていると場所によってはかなり邪魔なこともあるんだけど、リビングだとさらにこまるので、気づいたらスタート地点にもどすことにしている。(ときどきつまづいてしまったり、蹴ってしまったりする)

 

 

いままでの小次郎のダイエットに関する記事は…

→「小次郎とおなかのはげ

→「猫のダイエット

 

 

Read Full Post »

かえってます

300412-kojiro.jpg

どうもこんにちは。

先週の木曜の午後に、無事に帰って来てます。

こちらから日本に行くよりも、日本から帰ってくる方がやっぱりからだ的にはラクで、時差ぼけなどもほぼなしで、順調に今日から普通の日を再開。

 

こちらから日本に着いたあとは、時差ぼけなどでものすごく大変だった。

エミレーツ航空を使ったのだけれど、エミレーツはだいたいのヨーロッパ線のように朝に日本に到着せず、夕方に到着するというのが、よかったのか悪かったのかよくわからない。(選んだときはすぐに眠れるからいいと思っていた)

とにかく、3日ほどはひどい時差ぼけに悩まされ、早起きしてしまい困りました。

夜中の1時とか3時に目が覚めて眠れないとか、とても長い一日を何度か過ごした。(早起きのレベルを越えている)

ちょっとずつ長く眠れるようになったけど、5日くらいかかったと思うし、以降も早起きだった滞在中。

 

帰省中留守番だった小次郎は。

お友達、同じアパートの住人(管理人さん)、ペットシッターさん…などいままでも、あたしたちが帰省するときは、おさかなとみどりたちとともに、だれかにお世話をたのんでいたわけです。

今回はそれを専門にしているペットシッターさんにたのみました。

新しい人なので、事前に来てもらって打ち合わせや説明などをしておきます。

小次郎は社交性ゼロ(というか、マイナス?)なネコ。

このあたりのネコというのは、ネコ好きな環境にあるため、家にいるネコでも外にいるネコでも人をみつけると、とっとっとっとと近寄ってきて、遊んでもらったりします。なので、小次郎のつれない態度に、うちに来るひとはみんなショックを受ける。

頭をよしよしとか絶対にできないので(というかあたしたち以外は触れることができない)、みんなかなしそうな顔をします。(爪のないネコパンチが炸裂する。+ときにはシャーシャー威嚇)

その小次郎の面倒をみてもらうシッターさんは、ラテンダンスを教えてる先生もやってるお姉さん。

結果からいうと、やっぱり懐いてくれなくてとても大変だったらしいですが、とりあえずあたしたちが帰って来たときには元気だったのでよかった。

小次郎は相変わらず拗ねたりすることなく、それはもううれしそうで、ずーっとそばにいました。

帰った最初の夜などは、うれしすぎてコーフンして眠れないようで、ちょっと寝ては起きて、ゴロゴロ喉をならしながらずーっとべったりくっついてました。

シッターのお姉さんも大変だったと思うけど、小次郎も大変だったのだと思う。

 

あと帰って来てからの週末は、日本帰省中に配信されていたMW3の新しいマップを試したり、飛行機の中でみつけた新しいTVドラマの続きをみたりしてのんびりしてました。そして早寝。

MW3は経験値をビッグに稼げるゲームモードをみつけたので、それを昨日はやってみたりして。(これがまたおもしろかった)

詳しくはまた書きたいですが、その前に日本滞在中の記事を忘れないうちに写真整理もかねて更新していきたいと思います。

日本はおもしろかった!

 

Read Full Post »

ふつうの日のはじまり

koji.jpg

さて。

このお休み中はクリスマスに出かけ、年末にもちょっと出たけど、それ以外は家にこもってゲームばっかりしてました。

今日からふつうの日。

そして今年から4年ぶりにジル君が100%お仕事復帰なのです。(いままでは学校のためにセーブして80%しかお仕事をしていなかった。週に2日はお昼までで終わり)

ということで、日中のひとり時間がぐっと増えます。

これで滞っていることをどんどん消化して、気持ちよくなりたい。

早速今朝は春に帰省するための航空券を手配しました。(せこく10%オフにさせようとしたため時間がかかってしまった)

たまりにたまったごはん写真を整理し、すでにお昼。

 

 

あたしはここ2年半ほど週に3日はジル君の働くオフィスのスタッフにごはん(ランチプレート)を作っています。(少人数完全予約制)

基本はうちの晩ごはん。(はじめたきっかけが晩ごはんそのままでいいからほしいと言われたため。とくに別に作ったりはしていない)

昨年は一応「みんなに好かれる定番料理を増やす」っていう目標を立ててたんだけど、それはだいたいできたと思う。

けっこう数ができたので定番料理で一ヶ月くらいはまわせる。

あたしは新しいメニューを試すのが好きなんだけど、食べる方としてはもっと知った安心して注文できる定番料理をまわしてほしいって言われたことがきっかけです。(当初はほぼリピさせることなくメニューを立てていた)

みんなが「おいしい」とか「これ好き」とかいうメニューは、間をおいてきちんとリピさせること、です。

 

今年は少しずつ新しいメニューを取り入れつつ、さらに定番メニューを増やしたい。

うちには200冊近くレシピ本(料理本)(雑誌は除く)があるんだけど、それを見直したい。

隠れてるレシピがたくさんあるはず。

あとは新刊もチェックする時間をきちんととりたい。

メニューの整理をして、きれいにまとめたい。(これもずっとやりたいと思いながら先送りになっている)

 

基本ジル君が家にいるときにしかゲームはしないので、今年はそのゲームだった時間(平日の午後)をほかのことにあてることになります。(エクササイズ系キネクトは例外で、昼間でもひとりでやっている)

ジル君がいるのはいいんだけど、コトはまったく進まない。笑

もっともっと気持ちよく過ごせるように、整えられるといいなと思う。

 

(小次郎の頭の横にある枯れ草のようなものは、ニラのタネです。タネをとるために花をつけさせた。おともだちからもらったニラのタネ。プランターに一列まいたのに、2つしか発芽しなかったのが2年前。それが冬を越してまた大きくなって花をつけたもの。このタネをまいて増やしたいと思ってるんだけど、うまくいくかちょっと不安)

 

 

Read Full Post »

040711-koji.jpg

はいはい、水曜日は朝起きた時からゲームを一日やろう!と意気込んでいた日でありました。

日課家事の拭き掃除とかを終わらせたりして、結局朝1時間ちょっと。

それから午後に2時間ちょっとくらい。

今週はいつもよりのんびりなので、昼間にゲームを進めるチャンスです。

“Dead Space”のプラズマ・カッターだけのやつを終わらせ(やっと終わった!)、次のゲーム”Alan Wake”も始めることができた。

“Alan Wake”は、木曜日のお昼頃にも引き続きプレイして、いま2章めの途中。

“Dead Space”が終わったら、”Assasin Creed 2″かどっちかをはじめようと思っていたのだけれど、少し前にWTGさんがやっていて、その記事を読んでいたのでこっちにしました。(実績がぼっといけそうな感じがしたから)

実績ががぼっと入るかどうかはスキル的な問題などもあるので、あれですが、サスペンス風味満載なストーリーはなかなか魅力的です。

ただ、川に落っこちたり、崖から落っこちたり、いけるかなと思ってジャンプしたら高さがありすぎたようでだめだったりで、敵に襲われる以前の問題でやたらと死にました。

最初、森で。

敵に追いかけられて、もう弾もほとんどないから、敵をかわしつつ光に向かって走って、やっと辿り着いたら発電機を動かさないといけなくて、その間にさみしく後ろからやられたり。

ここまで死んでおいてなんですが、むずかしくはないです。

要領もつかめてきたので、これからはもう少しマシに立ち振る舞えるように思います。

でも1章で原稿をやたら見過ごしているようです。(空きがけっこうある)

とにかく一度最後までやってみてからまた考えることにしよう。

 

“Dead Space”は、ここでとりあえず終了。

840/1000ポイントなので、もう気持ち的に満足し切っています。

すごくおもしろかった。(とくに1周目)

ゲームプレイの質が高いと思います。もちろん、エイリアンやモンスター系のホラー映画好きにもたまらないデザインになってます。

スプラッター映画気分を満喫することもできますね。

(動きをスロモにして、ラインガンを初めて使ったときとか、「きゃっ♪(嬉)」っていう感じ)

積まれているゲームがけっこうあるので、続編をプレイするかどうかはまだわかりませんが、機会があったらプレイしたいと思います。

 

Read Full Post »

Older Posts »