Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘ローザンヌ’

DSC_0283.jpg

今日はね、季節外れにも程があるだろう!っていう写真を載せます。

写真撮ったはいいけど、思いっきりタイミングを外してしまい、気づいたらもう春。

写真は昨年の10月に撮ったもの。

うちからすぐの街、ローザンヌです。

土曜日はいつも市(マルシェ)がたち、賑わいます。

毎週こういう感じ。

DSC_0284.jpg

DSC_0282.jpg

 

こうして写真を撮ってるとね、撮って撮って〜!と入ってきたりします。(たぶん親子)

だから撮ってあげました。

DSC_0280.jpg

 

ハローウィン時期です、かぼちゃも旬です。。

DSC_0285.jpg

そしてこちらのおじさん。

かぼちゃを切ってるおじさんがいたので、カメラをかまえたら、このおじさん、あたしに気づいて、満面の笑顔かぼちゃポーズ!

DSC_0286.jpg

しかしおじさん、この程度では飽き足らず、あたしの写真のために、さらなるかぼちゃポーズを極めようとする。

あたしに「ちょっと待って!!ね!!ね!」と、あわてはじめ。

あろうことか、店からまだ切っていないかぼちゃを担ぎだし、頭に載せて、堂々たるかぼちゃポーズをあたしにきめてみせます。

DSC_0288.jpg

なので撮りました。

おじさん、写真載せたよ。

 

ローザンヌ、カメラを構えながら街を歩くと、フレンドリーなひとたちとたのしいひとときを過ごせます。

Read Full Post »

ローザンヌのお店

DSC_0296.jpg

ハローウィン時期と重なって、お店のデコレーションがちょっとかぼちゃになっています。

ああ、ご婦人がいなくなってから写真を撮ればよかったですね。

ま、ま、いいでしょう。

このお店はずっと知っていましたが、利用したことはありませんでした。

でも、この日は、ジル君のおばさんにオリーブのおいしいお店をきいたとき、ここで探してみるのもいいかもしれないと言っていたような気がしたので、入ってみました。でも、肝心のオリーブをチェックせず、ほかのものばかりに目移りしていたあたし。

ローストパプリカ缶だとか、エスペレット唐辛子などを買い、いったん店を出たわけです。

DSC_0297.jpg

でも、外に出て、地中海や中東の品だけでなく、いろんな国からのものがあることに気づいたあたしは、表の看板に「メキシコ」の文字も発見。

メキシコの唐辛子もあるかもしれないと、またお店に入り、きいてみたら、ありました。

レジ奥の普通なら到底目の届きそうにないところに、いっぱい並んでた。

とりあえず、Ancho(チレ・アンチョ)とPasilla(チレ・パシージャ)の2種類を買いました。

突然みつけてしまったものだから、なにが欲しかったのか全部思い出せず、覚えていたものだけ。

スイスでは需要が少ないメキシコの唐辛子は、安くはないので、この日はこれで終わり。

 

このときに買ったチレ・アンチョを使ったお料理をレモンごはんでみれます

このごはん、たのしい冒険でした。

 

 

さて、このお店とも唐辛子とも関係ありませんが、ローザンヌでときどき店内の商品を「見にだけ」行くお店を紹介しましょう。

DSC_0299.jpg

 

店の名前からわかる通り、オリーブ専門店。

オリーブオイルが専門ですが、塩漬けオリーブなど他のオリーブ製品も置いてます。

オリーブオイルは外の看板にも書かれている通り(“dégustation”=)味見できます。

種類も豊富で、店内も魅力的。

ただ、ものすごく高いので、手が出ないお店です。

あたし的には1リットル2500円くらいまでなら、生でたのしむならまあいいと思わなくもないですが、その値段ではなかったように思います。

いまはお料理には、加熱する方はオリーブオイルを使わなくなっているので、生で使うのみ。

(以前は加熱もほぼオリーブオイルだったのだけれど、風味があるので、多くの料理には向かないと思い、ほかのオイルを使っています。あたしがファンの料理人ケラー氏も加熱には使う価値がないと書いていたので、やめてます)

 

Read Full Post »