Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘タブレットやスマホ’ Category

うちにあるディスプレイのキャリブレーションも無事終わりました。
あとは、問題のiPad mini 2をなんとかすれば、このジル君の色問題も終わりです。

ジル君はiPad mini 2の、とくに携帯性を気に入っていました。
iPad Airより小さくて持ち運びしやすいのはたしか。
いつも仕事にも持っていくし、仕事でも使う(サウンド系などの)アプリがたくさん入っているので、オフィスでも移動するときは持ってまわっています。
ただ、当たり前だけど画面も小さめなので、ニュースを読む時などはいつも縦ではなく横にして使ってました。

色はジル君にとってはかなりショックだったらしく、おじさんの画面との違いがわかってすぐにiPad Airに買い替えることになった。
iPad AirとiPad Air 2とでは、画面の違いはないです。
正確には1%、iPad Airのが(iPad Airより)sRGBの表示率がいい。(なんでそんなことになってるのかわかんないけど)

とくに2にしたい理由がないので、iPad Air。

iPad Air 2のが高いしね。

Apple Storeにはメモリが小さいのしか売られていないので、中古でいいのを探します。
こないだも書いた通り、ジル君はいま写真の取り込みから処理まですべてiPadでやってるので、メモリは128GBほしい。
(iPad mini 2は64GBだった)

それで、みつけて買ったのを、2週間ほど前から使ってます。
29-01-15ThuR0004416

 

ケースはAppleのSmart Caseが好きなので、また同じのを買った。

これ、レビューの評価がやたら悪いんだけど、どこが気に入らないのかわからない。

うちは二人ともとても気に入ってる。

革の手触りもいいし、黒だと汚れが目立つこともないし。

あたしのは赤だけど、それでもやっぱり汚れは目立たない。(あたしのは外に持ち歩かないからかもしれないけど)

かっちりきれいにフィットしてすべてカバーされてるし、ボタン部分もいい感じに仕上がってると思う。

 

 

iPad mini 2はね、売りました。

今日無事旅立っていった。

15-02-02 - 07-40-00 - R0004572

最後の写真。

 

ということで、うちはiPad Air、二台になった。(32GBと128GB)

 

ジル君のiPad Airの使用感は上々のようです。

画面が大きい方がテキストを打ったり、ニュースを読んだりするのはもちろんずっと気持ちよくできる。

大きさに喜んでます。

携帯性に問題がないなら、iPad Airのが使いやすいと思う。(でも、小さなカバンには入らないんだよね)

 

色問題も、あとはプリンターや、使う紙によっても変わってくるとか細かくいくときりがないんだけど。

うちは本気で印刷したいときは、展示会とかの写真や絵を扱ってる印刷屋さんに持っていってやってもらう。

あとは写真や絵は基本インターネット上。

家で印刷するのは(どうしても印刷しなきゃならない)ドキュメントだけなので、そこまでのこだわりはない。

 

専門の印刷屋さんに持っていけば、データをいっしょにディスプレイでみながら、使う紙、プリンターなどの指定で、sRGB表示にプラスしてフィルターをかけて、実際に印刷される色を表示してくれるので、それをみながら、印刷用にデータ(色味など)をいじってオリジナルに近づけたりする。

オリジナルのデータそのままが印刷されるということは、ほぼありえないらしいです。

紙の色味、プリンターのプリセットのようなものは、紙やプリンターがプロ仕様のものであれば、そのメーカーからPhotoshopのプラグインのようなかたちで提供されている…のだと思う。

ジル君の出品する絵も、おじさんと画面をみながら少し調節したと言ってました。

念入りに打ち合わせて、いっしょに調整してからの印刷になるけど、それでも印刷の出来が気に入らない場合は無料でやりなおしてくれるらしい。

 

これでこの色問題の記事は終わりにしたいと思います。

 

 

メモ:

iPad mini 2 Retinaの使用期間:15ヶ月

一ヶ月あたりの使用料は1000円ちょっとだった。

(カバーは入れてない)

 

中古のiPad Air(128GB)は、iPad mini 2(64GB)を売ったお金でほとんどまかなえた。

差額は6000円くらい。

(こっちもカバーは別です)

 

カバーは消耗品みたいに考えるのがいいかもしれない。

 

広告

Read Full Post »

2月にアートの展覧会みたいなものがあって、ジル君もそれに絵を3点出品することになった。

(働いている大学の職員と生徒の展覧会みたいなもので、出品希望者は事前に申し込みを経て選考される)

そこで、ジル君の絵はデジタルなので、印刷しなきゃならないから、それ専門のお店に行って相談しながら印刷してもらうことになった。

ジル君の印刷してもらった(写真や)絵は半永久的に色褪せることはない。

紙も質感のために、元がデジタルのものにはみえないと思う。

この印刷でも細かい話がたくさんあるんだけど、今日書きたいのはそこではなくて。

この印刷屋さんで、展覧会に出す3点以外に自分の撮った写真をみせて、これならどんな感じでできますか…ときいた話です。

 

リビングに写真を飾ろうと思って、きいてもらったんだけど、そのときに見せた写真がこれ。

これ、どんなふうにみえますか。

 

印刷屋さんのおじさんは、これをパソコンの画面でみて「マジェンタが強すぎるな…ちょっと調整しとこ」でした。(マジェンタっていうのは、赤紫みたいな色です)

印刷屋さんのパソコンの画面は完璧に調節されています、色味とかコントラストとかそういうの。

横でそのパソコンを一緒に見ていたジル君は、表示された木の写真をみて、ショックを受けたらしいです。

自分のと全然違うから。

これはまあ、よくある話です。

 

新しいコンデジで写真を多く撮り始めたジル君は、カメラ→(wifi経由)→iPad mini。

iPad miniですべての処理を終えて、そこからそのままブログにアップ。

という手順なので、パソコンなどに写真を取り入れたりしないでやっているのです。

 

ショッキングなほど色味が違っていたのは、自分のiPad miniとおじさんのスクリーン。

帰ってきてから、あたしにその話をして、あたしのiPad Airで同じ写真をみてみると…おじさんと似たような色合いだった。(マジェンタがかっていた)

ジル君のiPad miniでは、あの赤みがないんですよ、ほぼまったく。(赤みがないそのグレーな濃紺が気に入っていた)

 

iPad miniとiPad Airを並べて撮った写真を載せておきます。

27-01-15ThuR0004347

色の違いがみえますか。(写真なので実際の色や表示とはこれでも違うのだけれど、感じはなんとなくわかってもらえるかなと思う。実際のところは、あたしのパソコンのスクリーンとiPad Airの表示はかなり近い。この写真では白くなりすぎてる)

ここで色の違いがみえないという人は、スクリーンのせいです。

 

スクリーンによって、画質というのは大きく変わってきます。

キャリブレーションツールを使って、正しい色表示にしたとしても、スクリーン自体にその色を持たない場合はどうしようもありません。

ジル君のiPad miniはiPad mini Retina。(iPad mini 2ですね)

sRGBの表示率は63%。

あたしのiPad AirのsRGBは108%。(まあ100%だと思ってください)

あたしのパソコンのスクリーンは古くてもうすぐ買い替えが必要かなと思っていますが、それのsRGBが96%。

ジル君が絵を描いたりするのに使っているスクリーンは100%。(これはAdobeRGBも100%)

sRGBが100%だと、AdobeRGBは80%くらいは表示します。

 

iPad mini Retinaの63%という数字は、同じくらいの大きさのタブレット(Nexus7やKindle Fire)と比べても、ありえないくらいに低い数値です。

 

いまさらこんなこと発見するなんて…。

でも、iPad miniを買う時は、画質はそれほどチェックしなかったのです。

写真を扱うつもりなどなく、使うのはニュースを読んだり、メールのチェック、あとはサウンド系のアプリとお絵描きアプリ。お絵描きはまじめにやるときはパソコン(Mac)なので、それほど重要というわけでもなかった。

 

いまは、写真の一連のことを(様々なアプリを使って)すべてiPadでやっているので、色が違うのはとても困ります。まず、写真を選ぶ時点で、あれほど違っていれば、選ぶ写真すら違ってくる。

 

自分のiPad mini RetinaがsRGBの半分近くの色(たしか特に赤系とやや青系)を表示できないことを知ってから、ジル君の行動は早かった。

まずは、自分たちが使っているパソコンのスクリーンを、カリブレーションツールを使って、表示を調整しなおします。

長いので次に続きます。

次の記事は、スパイダー4。

Read Full Post »