Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2015年3月10日

15-02-25 - 07-42-45 - R0005303 1

ジル君が1月に買ったFujifilmのコンパクトカメラx30のことは以前書きました。

あたしもx30はとてもバランスのとれたいいカメラだと思う。

ズームもあるし、いろいろ遊べるしね。

ただ、いろんなものを撮影するにしたがって、できないことがはっきりみえてきます。

(カタログ値などみればだいたいわかることなのだろうけれど)

 

まず、暗いところでの撮影は無茶。(ノイズが激しい)

シャッタースピードやISOなどの限界値も低いので、そういう点で制限されてできない撮影というのがでてきます。(普通に日中にスナップ写真とかだけなら問題ない)

あたしが「いい写真が撮れたら、数ヶ月に一回くらい選抜して、大きくプリントしてリビングに飾りたい」などと言っていましたが、プリントで使用に耐えうる限界値が低い。(これはセンサーサイズの問題が大きい)

ブログに普通にのせる大きさなら、もちろん問題ないです。(その場合たぶんスマホやほかのもっとライトなコンデジで撮影したものでも問題ない)

ジル君のカメラを買ってから、週末などはとくに夜も含めて、たくさん撮影に出かけました。

オフィスでも通勤途中でも、かなり撮影してたはず。

いっしょに撮影したときは、もちろんあたしの写真と比べるわけですが(とくに画質ね)、日中のは問題ないけど、夜や暗いところでのものはかなりの差がでます。(設定ではどうしようもできないレベルのノイズなど)

 

それで、そこにストレスを感じないカメラを真剣に考えるようになった。

まあ、x30を買ったときから、次はFujifilmのミラーレスX-T1が欲しいって言ってたので、自然な流れなんだけど。

こういうのを決断するとうちはけっこう早いので、ジル君が「ニコンの一眼レフとカメラギア全部売る」って言ったときも、やっと売ることにしたのか、というのが正直な感想。

長いことほとんど使われてなかったし、クリスマスのときに久しぶりに出してポートレートの撮影でボケみをチェックしてたけど、納得できなかったようなので、もういいやと思ったのだと思う。

プラス、操作性が気に入らなかったもよう。

それになにより、一眼レフ(+レンズ)は重いしね!

 

ということで、ニコンの一眼レフ(ジル君のとあたしの)と、レンズ全部、あとフラッシュとかそういう周りのものすべてオークションで売りました。

そのお金でジル君のミラーレスを買いました。(レンズもね)

ミラーレスは(お店でさわったりもして)X-T1に完全にきまってたので問題なかったけど、レンズ選びがものすごく大変だった。

あたしはなにせ、ほとんどの普通レンズ(18とか23とか35とか)の単焦点どれかひとつだけでも軽く数年生きていける自信があるけどジル君に単焦点は微妙すぎる。

撮った写真をすべてみて、どのくらいのレンズを一番よく使っているのかを分析したり。(x30はズームレンズだからね)

今日は一日35mmで固定して撮ってみる…とかをやったり。

いろいろ試しました。

買ったのは、1つめが35mm(35mm判換算で50mm)。

あたしがずっと使ってたニコンのレンズと同じ感じです。

が、ジル君にはとてもとても向いていなかった。

これはジル君が撮った写真をみてもわかってたことなんだけど、35mmで撮った写真ってほぼゼロなんだよね。(だったらなぜ買ったのだ…って思われそうだけど。ちょっとがんばれば大丈夫かなと思ったんだけど、全然大丈夫じゃなかったっていうか。もうちょっと我慢してほしかったのもあるけどあまりのがっかり姿にあたしもすぐに折れてしまった)

お友達の結婚式があったので、そのときなどはほとんどこれで撮ってますが、日常はサブレンズになってしまってる。

あたしが将来(Fujifilmの)ミラーレスを買ったら、確実にあたしのものになってしまうレンズ。

 

で、2つめが60mm(35mm判換算で90mm)のマクロレンズ。

マクロレンズですよ。

虫とか花とか撮ったりする、あのマクロレンズです。

ネットでは評判があまりよくないこのレンズ。

AFが遅いとか、操作性が悪いとか嫌う人も多いレンズをあえて選んだのはジル君です。

マクロレンズっていっても、マクロだけを撮る必要はもちろんなくて、ポートレートや風景ももちろん撮れます。

ピント合わせはジル君の場合ほとんどマニュアルなので、AFがどうとかはあまり気にしてなかったもよう。

で、このレンズをびっくりするくらい気に入ってます。

X-T1につけていつも持ち歩いている。

35mmレンズで自分の撮りたいものが撮れずにがっかりしていた数日がウソのようにまた喜んで撮影してます。

 

以下、その60mmマクロで撮影した写真の一部。(ジル君のブログより)

 

 

 

 

(写真はクリックで拡大)

 

 

ほんとは、ものすごくほしいレンズがあったんだけど、それは絞り固定のズームレンズで、お金がかかる。

それよりもっとあたしが気になったのは、一本目にそのレンズを買って、そんな重くてかさばるレンズを毎日持ち歩けるのか…という疑問。

だいたい一眼レフが重くてイヤになってる部分もあるのに、(一眼レフより総重量では軽いとはいえ)ジル君が欲しがっていたズームレンズは大きくて重い!

なのでサブならわからないけど、カメラとずっと持ち歩く一本目にはないと思った。

あたしとしてはx30の代わりにいつも持ち歩いてほしいと思っているから。

たまにじゃなくて、たくさん使ってほしい。

いまは、結局60mmマクロで落ち着いてるし、またそのズームレンズの重さと大きさなどをあたしに指摘されて納得したこともあって、単焦点の広角を狙っているようです。

でも全然急いでない。

次に出る、16mmとかすごくよさそうだと思う。

もちろん望遠もほしいみたいだけど、望遠ってとにかくさらに大きくて重いし、たぶんお金もかかるからそのあとです。

Read Full Post »