Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2015年3月9日

マイカメラGR。

一年半ほど前から使ってます。

GRはフィルムカメラ時代も使っていました。(GR1s)

GRというカメラはフィルム時代から元々単焦点のレンズ28mm(35mm判換算)です。

これはそのフィルムカメラのGR1s。(1998年に買った)

15-03-06 - 17-12-51 - DSCF1459買った当時このGR1sを使ってるって言うと、長年写真が趣味のジル君のおじさんに「GRにすごく興味があるから3週間ほどかしてくれないかな。その間は悪いけどぼくのを使ってて」って言われて、かしたことがある。

そのときに代カメラとしてかしてくれたのは、ライカのMシリーズだったと思う。(なにかあったら困ると思って、ほとんど使わず。いまならきっといろいろ試しているだろうに)

 

 

単焦点のレンズっていうのは、ズームがないので、フレーミングのときにその点を考える必要がなく、とても自由なレンズだと思う。

ただ、これはものすごく人によって差があるので、たとえばジル君などは、ズームでのフレーミングがないことにとてもフラストレーションを感じるタイプ。

単焦点はその名のとおり、ズームは自分が動ける範囲(徒歩圏内)でしかできない。(二歩下がるとかそういうことです)

どのレンズを選ぶのか(なにを撮りたいのか、なにを撮ることが多いのか、なにに興味があるのか)をわかっていないと、たぶんフレーミングの時点でがっかりするので、そこだけきちんと意識してレンズ選びをすれば、基本的に(ズームレンズより)単焦点のが明るくてシャープな写りで小振りなサイズなのでおおいに気に入ることができると思う。

値段も明るいズームレンズは高額だったりするし。(とくに固定絞りのものなど)

(でも明るくないと、たぶんとくにカメラに興味を持ちかけたばかりの頃などは、写真にがっかりするかもしれない)

 

GRは一年半ほど前から使ってますが、その前はニコンの一眼レフを使ってました。

キットで18-55mmのズームレンズがついていた。

ただ、あたしはそれをほとんど使ってわずにポイして(捨ててませんが、仕舞ったままという意味です)、単焦点の50mm(35mm判換算)をずーーーっと使ってました。(キットのズームレンズをすぐ使わなくなったのは、写真が気に入らなかったからっていうのと、ズームして使うことがほとんどなかったため)

せっかくレンズを換えて遊べるというのに、レンズを換えることはなく、つけっぱなし状態で6年。

ジル君もニコンの一眼レフを使っていたので、超広角レンズとかもあったけど、興味を示さなかったあたし。

街や近所をぶらついて写真を撮るのも、ごはん写真も、日本に帰省したときも、観光もずっとそれ一本。

お友達のウェディングなどは、かなりいい感じの写真がたくさん撮れた。(当日ほかにまともなカメラを持っているひとがいなかったので、急遽写真係をすることになった)

 

と、あたしは単焦点人間です。

フィルムカメラのGR1sから(途中少し間があいてるけど)ずっと単焦点。

15-03-06 - 17-15-18 - DSCF1461

フィルムカメラのGR1sとデジタルカメラGR。

大きさも同じくらい。

どっちも28mm。(35mm判換算)

 

GRは軽くて携帯性抜群だし、画質もとても気に入ってる。

操作性もよく考えられてて、撮影の設定などにストレスを感じることはほとんどない。

ただ、まあ、好みの問題でどうしようもない部分もあるにはある。

ビューファインダーとか。(別売りのには興味がない)

マニュアルフォーカスをレンズのフォーカスリングでやりたいとか。

(GRはマニュアルフォーカス自体ちょっと設定が微妙。距離を設定してスナップするなら別だけど、まじめに(拡大ズームとか使って)マニュアルフォーカスするには(設定が奥深いため)時間かかるように思う)

だいたいスナップ写真に適したカメラなので、そういう機能はあまり必要ないのかもしれないけど。

速さが自慢です。(ただ暗いとこのAFは迷いが多いけどね。ジージーってうろうろしながら、ピントずれてたりすることあり。夜のごはん写真とかもマクロをONにして撮ってるわけだけど、撮りづらいことが多い(照明が暗めだからだと思う))

あと、室内の照明でのホワイトバランスは問題がある場合あり。(夜のごはん写真でとくにそう感じる)

 

このとおり欠点もあるにはあるけど、いまもとても好きなカメラであることに違いはない。

Read Full Post »